2012年9月3日月曜日

9/1 Jリーグ第24節 VSアルビレックス新潟 @東北電力スタジアム


アルビレックス新潟
00前半01
セレッソ大阪
0後半1
延長前半
延長後半
PK戦
フォーメーション
アルビレックス新潟セレッソ大阪
選手名番号位置シュートシュート位置番号選手名
東口 順昭21GK00GK21キム ジンヒョン
村上 佑介25DF00DF4藤本 康太
鈴木 大輔4DF02DF14丸橋 祐介
石川 直樹5DF00DF20高橋 大輔
坪内 秀介37DF10DF23山下 達也
三門 雄大6MF00MF2扇原 貴宏
本間 勲15MF01MF6山口 螢
藤田 征也7MF01MF7シンプリシオ
アラン ミネイロ18MF12MF16枝村 匠馬
ブルーノ ロペス11FW20FW9ケンペス
ミシェウ10FW14FW13柿谷 曜一朗
小澤 英明30GKGK1松井 謙弥
大井 健太郎3DFDF17酒本 憲幸
木暮 郁哉8MFMF18横山 知伸
小谷野 顕治26MFMF25黒木 聖仁
田中 亜土夢23MF10MF37ヘベルチ
矢野 貴章9FW0FW11播戸 竜二
平井 将生14FW00FW41杉本 健勇
6シュート10
11GK6
4CK5
13直接FK12
0間接FK4
0オフサイド4
0PK0
アルビレックス新潟セレッソ大阪
得点柿谷(81')
アラン ミネイロ→田中(63')
藤田→矢野(70')
ブルーノ ロペス→平井(80')
交代ケンペス→杉本(71')
枝村→ヘベルチ(90'+2)
ミシェウ(62')警告
退場
レヴィークルピ復帰初戦はアウェーの新潟戦。
クルピの復帰戦でもあるし、セレッソが14位、新潟が16位と順位が下のチーム相手なのでここは確実に勝利したい所。
セレッソのスタメンはマリノス戦で負傷交代した茂庭に代わって山下が入っている以外は前節から変更なし。
またベンチメンバーもSB1人、CB1人(横山はこの試合に向けての練習をCBでやってました)、ボランチ1人、アタッカー1人、FW2人という構成に変更はなし。
一方の新潟は、前節から田中に変えてアランミネイロを左SHに入れ替えただけで、ホームでの対戦の時に決勝ゴールを決められた矢野はその時と同じくベンチスタート。

■マッチアップ
マッチアップ
両チームのフォーメーションは4-4-2対4-4-2。
という事で、マリノス戦と同じくそのままだとボランチ同士がマッチアップする事になる。

■セレッソのビルドアップ
セレッソのビルドアップ
しかしこの試合からクルピ監督になっているセレッソは、前任のソアレスの時の様にボールを奪った後に素早くサイドに展開してボールを前線に送るという形では無く、最終ラインの所で一旦ボールを落ち着けて前線に運んでいく。
つまり去年までの様な形なんだけど具体的に言えば、
ボールを奪えば、
・トップの柿谷が中盤に下がり、
・SHの枝村が中央に進出し、
・丸橋のポジションを上げて、
・そうしてできたスペースに扇原が下がって来る。
・そして扇原が下がった事で出来た所にはシンプリシオと山口が入って来る。
これで新潟はマッチアップしていた目の前の選手が代わる事になり、さらに扇原の所でミスマッチが出来るのでそこでボールを落ち着ける事ができるという仕組みになっている。
こうなれば新潟は前線からボールを奪う事は難しくなるので、立ち上がりからセレッソが新潟を押し込む事ができていた。
セレッソが押し込む形
こうやって相手を押し込んでから、扇原が中央に入って左サイドから相手を崩しにかかるものの、ここから先はクルピが来てまだ3日しか練習していない影響もあり形になるのはクロスからが多く、スムーズな連携から相手を崩す場面さすがにあまり無かった。

ただ、去年までがそうであった様にこの形は扇原と丸橋(去年まではマルチネスと丸橋)が攻撃のスタート地点になるので攻撃が左サイドに偏り、右サイドが孤立してしまう事が多いんだけど、今は扇原の隣にパスを出せるシンプリシオがいるので何度かは左に寄せてシンプリシオ経由で右の高橋大輔へという去年まであまり無かった形が見られた。

■新潟の攻撃
新潟がボールを落ち着ける所
ここまでの様な形で立ち上がりはボールを動かし、相手を押し込める事が出来ていたセレッソだけど、崩しきる事がほとんどなく、ミスパスも多かったのでさすがに15分すぎから新潟も慣れてくる。
セレッソは俗にいう2バック状態で攻めてきて、さらに両SHが絞るポジショニングを取る。
なので新潟のSBはどうしても空いてしまう事が多く、特に一旦ボランチやSHも当ててからSBに戻すとほぼフリーになっていた。
サイドに起点を作ろうとする
そして狙うのはSBの裏、CBの横のスペース。
ここを長いボールで狙って来て、そこからSH、SBを絡めて攻撃しようとしてくるが、一番怖いスピードにのったカウンターはCBの藤本とこの日茂庭の代わりに入った山下が落ち着いてキッチリ対応する事で防ぎ、時間をかけさせる事ができれば全体が後ろに下がる時間を作れるので、しっかり人数をかけて守る事ができていた。

結果的にはこの辺りの時間帯からは新潟がボールを持つ時間も増えて来るんだけど、しっかり人数をかける事ができると、新潟にはそれを崩すだけのアイデアもあまりみられずに、セレッソにとって怖いのはミス絡みでCBが対応できない状況にされる事ぐらいだった。

■ブルーノ・ロペスのヘディングシュート
前半というかこの試合で最大のピンチだったのは、21分のブルーノ・ロペスのヘディングシュートのシーン。
きっかけはミシェウのシュートをブロックしたこぼれ球を拾われて、再度ミシェウのクロスからという形で、ブルーノ・ロペスのヘディングシュートはライン上でキム・ジンヒョンがセーブした。
このシーンについては入ってたって声も多くあるようだけど、TV画面では映っていなかったがちょうどボールサイドは副審がいる方で、その副審との間にはなんの障害物もなくずっと見ていたので実際入ってないんだと思います。
ちなみに、ブルーノ・ロペスだったかが、「入ってただろう」って副審に軽く抗議に行った時に副審は右手の親指と人差し指で10cm弱の幅を作って「少し入っていない」ってやってました。

■試合展開
セレッソはチャンスの1歩手前ぐらいまではつくれるもののそこから先がまだまだ、一方の新潟もボールを奪えばボールを持てるものの攻撃の形は作れないという展開で進む。
63分〜
63分にアラン・ミネイロに代えて田中亜土夢を投入。
田中亜土夢は練習中に足を痛めたという事で先発を外れていたそうで、代わりに入っていたアラン・ミネイロもサイドで変化を付けられていなかったので仕掛けるならという事かな。
71分〜
70分新潟は藤田に代えて矢野、続いて71分セレッソはケンペスに代えて杉本健勇を投入。
矢野についてはサイドをって狙いもあったかも知れないけど、この後、矢野めがけてロングボールを蹴ったりもしていたのでそれが本来の狙いだったのかも知れない。けどほとんど役にたっていなかった。
一方セレッソのケンペスから杉本は単純に疲れが見えてきたからってのが理由かと思います。
80分〜
80分新潟はブルーノ・ロペスに代えて平井を投入。
ブルーノ・ロペスはこの試合が始まる前までで、今シーズン3得点/シュート54本という成績からかどうも空回りしている様で、この日も前半のヘディングシュート以外はほとんど怖さを感じなかった。
そしてこの交代が、このゲームを動かす事となった。

この交代が行われたのは、ブルーノ・ロペスがゴール前の競り合いでファールを取られてアウトオブプレーになったタイミング。
そしてこのセットプレーをゴール前からキム・ジンヒョンがロングキックで一気に前線に送り、そのボールを杉本が競り勝ち、セカンドボールを拾った柿谷がそのまま決めた。
もう少し細かく書くと、GKのキム・ジンヒョンはキッカーとしても優れているので時々セレッソはこれをやるけど、このシーンは全体を左サイドに寄せてあたかも左サイドにキックしますと見てておいて、一番右端にいる杉本めがけてキックしている。なので競り勝ってこぼれ球を拾う事ができれば相手のCBとの勝負だけになる。それがまんまとハマった形となった。
ただ、新潟としては80分という時間と交代もあってちょっと集中力を欠いていたのが悔やまれる所かな。
セレッソとしては前半から後ろで落ち着けて、パスを繋ぐサッカーをしていたが、ゴールは前後の流れにほとんど関係が無い究極の縦ポンでゴールが決まったのはなんとも(笑)。

80分という時間帯で、新潟は3人目の交代を使った直後なので、この後セレッソは後はしっかりボールを動かしていけばいいだけ。なのに何度かチョットあわてて蹴っちゃうシーンもあったけど、枝村に代えてヘベルチを投入するなどしっかり時間を使い切り0-1で勝利となった。

■その他
順位、勝ち点差、ソアレスの解任、クルピの就任、と色んな要素があって絶対に勝ちたかったアウェーを何とか勝利できたのは非常に大きいですね。
また、その内容は決して満足できるものでは無かったですけど、結果+元々のセレッソのチームカラーを出す事ができていたので、選手にもサポーターにもクラブにも大きなものだったと思います。

選手個々としては、
この日今シーズン2度目の先発となった山下は、2010年にクルピ監督の下 出場試合0というのがそのシーズンオフの札幌移籍の大きな要因だったんだろうと思います。
なので、クルピ監督就任に際して柿谷の事が数多く報道されていましたが、山下もというか山下の方がもしかしたら期するものがあったんじゃないかと。
その山下が90分間安定したプレーを見せていたのは大きかったですし、嬉しかったですね。

ただ、特に攻撃面についてアタッキングサードの部分ではかなり物足りなさもありました。
この試合の時点では実質3日なので仕方ないんですが、2列目と柿谷の所、SBとの絡み、この3人でのプレー、CFとのプレーといずれも運動量、動きの大きさ、変化、ともにまだまだ足りないので、ここを動かせるようになって初めてという感じですかね。
その手前までは思ってた以上にできていたので、丸橋からの斜めのパスでスイッチが入る様になれば。

0 件のコメント :

コメントを投稿

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル