2013年2月28日木曜日

Jリーグ 第1節 vsアルビレックス新潟 プレビュー


2013年3月2日14時:大阪長居スタジアム
予想スタメン
20周年を迎えたJリーグを関西唯一のJ1クラブとして迎える2013シーズンの記念すべき開幕戦はホーム長居スタジアムにアルビレックス新潟を迎える。

注目のスターティングメンバーは、オフシーズンには主力選手の移籍も無く、またいつになく積極的な補強を進めたが、2列目では楠神がまだ完全にチームにはフィットしておらず、またブランコも連携面で課題が残る為に山口と南野、右SBにもタイでは椋原、宮崎では新井場がポジションを掴みかけたが、新井場の離脱により2/27の大阪体育大学とのトレーニングマッチで主力組に入った酒本という、柿谷と共に2トップに入るエジノ以外は2012シーズン終盤のメンバーがベースになる模様。

一方の新潟は、東口が昨シーズンの負傷から戻ってきていないのでGKに黒河、鈴木大輔と石川直樹が抜けたCBには昨シーズン鳥栖でプレーしたキムクナンと新潟で2シーズン目となる大井、右SBにはキャンプで離脱した村上に代わり藤田、左SBには1列前の田中亜土夢と好連携を築いているとの報道も出ているキムジンスという4人が入り、中盤は成岡・三門・レオシルバ・田中亜土夢、FWはブルーノロペスと田中達也という清水とのプレシーズンマッチで1-4と快勝したメンバーになるものと思われる。

主力組が出場した2/27のトレーニングマッチの前半は、ボランチに入るボールを徹底的に狙われCKからのオウンゴールながら大学生相手に先制を許すという苦しい展開になってしまったが、新潟も同じ様に清水戦で見せた様な三門を中心としたプレッシングを仕掛けてくる事が予想されるので、同じ試合でペースを取り戻した前半を終盤の様に山口螢が下りてきてボールに絡む事で横山とシンプリシオのボランチコンビをどれだけ助ける事ができるかがポイントになりそう。

また新潟は快勝した清水戦で、セレッソと同じくゾーンで守る清水に対しセットプレーから2ゴール(1つはオウンゴール)を決めている。そのセットプレーの守備では、高さという武器で2012シーズン終盤にレギュラーポジションを掴み、最終節では歓喜の2ゴールを決めた横山に期待がかかる。

セレッソはボランチの所で新潟のプレスをかわす事ができれば、得意とするSBを起点にした相手のDFとMFの間のスペースを使う魅力的なアタッキングフットボールで2009年以来となる開幕戦の勝利を掴む事ができるはずだ。

8 件のコメント :

  1. セレッソおじさんです。

    いつもお世話になってます。

    今年はプレビューまでやっていただき、ホントに助かります。

    お忙しいでしょうが、今年も勝手に楽しみにし、期待しております。

    宜しくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      プレビューは以前からやってみたかったんですよ。
      けどどこまで出来るかは自信が無いですw

      削除
  2. 私もいつも拝読させていただいています。
    的確な分析に感銘を受けている一人です。

    今年はどことなくですが3バック採用チームが増えている気がします。
    セレッソの4-4-2、4-2-3-1がどのように崩すのか、
    また、崩すのに手こずるのかを深く理解したいと思っています。

    今年もよろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      3バックのチームは確かに増えてきましたね。
      3バックのチームは守る時に5バックになれるので単純に中央の人数が増えますからね。
      ボールを奪った後の両サイドを上げる仕組みさえ上手くいけば大丈夫って事が浸透してきたんでしょう。

      こちらこそよろしくお願いします。

      削除
  3. 上のお二人同様、いつも読ませていただいています。とても勉強になるので、今季も楽しみにしておりましたが、プレビューまで書いていただいて感激です。

    週二回ゲームが組まれている時もあって、プレビューとレビュー両方は大変だと思います。リーグ戦だけで満足しますので、最終節まで続けていただければと思います。勝手なことを言って申し訳ありません。

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      プレビューの問題点は情報量の差なんですよ。
      セレッソはずっと見てるしその気になれば練習も見る事ができますけど、対戦相手はそうはいかないですからw

      出来る限りはやってみようと思ってます!

      削除
  4. まいどです! 今年もよろしくお願い致します。

    むう、右SBは椋原ではなくシャケですか…
    昨シーズンは全般的に動きが悪かったように思えたのが不安材料です。
    (勿論セレッソ在籍最長の17番を嫌いな訳はないのですがw)
    ご指摘の通り、螢がドイスボランチの所まで下りて来てどこまでサポート出来るか、プレスをかわせるかがカギでしょうね。
    今更ですけど、ウチの生命線の左SB(というか丸橋)が殺されるとキツイものがあります。
    当然レヴィーもそこは分かっているはずですけども。

    新潟とはいつもしのぎ合いのロースコアで決着する試合が多いイメージがあるので、今度も多分そうなるでしょう。
    開幕戦を取れると大きいんですけど、さてどうなりますか。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。こちらこそよろしくお願い致します。

      今日になって右SB椋原というプレビューがいっぱい出てきてるのでビビってますw
      大体大とのTMがあまり良く無かったのでもしかしたら代えるかな?と思って還暦パーティーも覗きに行ったんですが、変える様子は無かったのでシャケかなと。
      もし今日代えてたらわかんないですw

      2トップで螢が下りると右SBは孤立しがちになってしまうのは、仕組みとやり方の問題なんでシャケであろうと椋原であろうと同じですからね。
      なので個人的にはコーチングで周りの選手を動かす能力が右SB候補の中で一番優れている新井場に期待してたんです。

      前半の早い時間に失点しなければ問題ないとは思うんですが。。

      削除

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル