2013年3月4日月曜日

3/2 Jリーグ第1節 VSアルビレックス新潟 @大阪長居スタジアム

セレッソ大阪10前半00アルビレックス新潟
1後半0
延長前半
延長後半
PK戦

フォーメーション
セレッソ大阪アルビレックス新潟
選手名番号位置シュートシュート位置番号選手名
キム ジンヒョン21GK00GK1黒河 貴矢
茂庭 照幸3DF00DF7藤田 征也
藤本 康太4DF00DF3大井 健太郎
丸橋 祐介14DF01DF4金 根煥
酒本 憲幸17DF01DF19金 珍洙
山口 螢6MF21MF6三門 雄大
南野 拓実13MF12MF8レオ シルバ
横山 知伸18MF02MF18成岡 翔
シンプリシオ30MF23MF23田中 亜土夢
柿谷 曜一朗8FW23FW9田中 達也
エジノ9FW12FW11ブルーノ ロペス
武田 洋平1GKGK31竹重 安希彦
山下 達也23DFDF5濱田 水輝
椋原 健太33DF0DF36菊地 直哉
扇原 貴宏2MF1MF15本間 勲
枝村 匠馬16MF0FW16岡本 英也
ブランコ31MF10FW20川又 堅碁
杉本 健勇20FW0FW28鈴木 武蔵
10シュート15
15GK4
2CK6
14直接FK11
1間接FK2
1オフサイド2
0PK0
セレッソ大阪アルビレックス新潟
柿谷(88')得点
山口→ブランコ(46'HT)
エジノ→杉本(64')
横山→扇原(80')
交代田中 達也→岡本(64')
成岡→菊地(79')
藤田→川又(90')
藤本(14')
エジノ(62')
警告金 珍洙(90'+3)
退場
関西唯一のJ1クラブとして迎えた2013シーズン開幕戦は、ホーム長居にアルビレックス新潟を迎え入れる。
スターティングメンバーは両チームともプレビューでの予想どおりで、セレッソのベンチには練習試合でキレのある動きを見せていたブランコが入り楠神と播戸が外れている。
一方の新潟は、DF登録で菊地と浦和から移籍の濱田、FWには田中達也はまだ90分は難しいようなので、昨シーズンは鹿島でプレーしていた岡本と、レンタル先の岡山でゴールを量産した川又、さらにサイドでもプレーができる鈴木武蔵の3人がベンチに入る。

■新潟の守備陣形
キックオフ直後のファーストプレー
新潟の守備は予想どおり、キックオフ直後のファーストプレーからセレッソのCBを捨ててボランチに2トップを当てて来る。
このプレーでは結局茂庭がエジノに向けてロングボールを蹴る事になるのだけど、エジノとマッチアップしているのは高さがあるキムクナンなので分が悪くあっさり跳ね返されてしまう。

■新潟のプレッシング
新潟のプレッシング1
じゃあボランチに出すとどうなるのかといえば、ボランチには2トップが付いているので簡単には前を向くことが出来ない。
という事でCBにバックパスを戻すと、今度は2トップがボランチのマークを外してCBにプレッシャーをかけに行き、三門、レオシルバの2人が一気にボランチに寄せてくる。
新潟のプレッシング2
それならSBにって事でSBが上がり切る前にワンタッチでサイドに出すと、マッチアップしているSHだけでなくボランチの1枚もセットでプレッシャーをかけに来る。

この守備を可能にしているのは三門とレオシルバの運動量とプレーエリアの広さで、この2人がかなり広範囲に渡ってプレス&カバーができているのでセレッソはファーストプレーで選択したような勝ち目の薄いロングボールが前半から多くなり、セカンドボールも新潟のダブルボランチが尽く拾っていた。

■新潟の攻撃
新潟の攻撃
新潟の攻撃でアクセントになっていたのは田中達也のポストプレー。
ブルーノ・ロペスはサイズがあるけどスペースに飛び出すタイプの選手なので相手を背負ったプレーはあまり上手くない。昨年の新潟が苦労していたのは正にココでブルーノ・ロペスとミシェウというどちらも相手を背負ってプレーするのが上手くない選手を並べていたのでカウンター気味に前線を走らせる場面以外は攻撃の形をほとんど作ることができなかった。
しかし田中達也は前を向いた時のドリブルに注目が集まる事が多いけど、実はサイズは無いものの相手を背負ってプレーする事ができるというか好きなので(それがケガの多い原因の1つなんじゃ無いかと思うんだけど)、中盤から一旦田中達也にボールを当ててそこから展開するというプレーで、成岡と田中亜土夢及びその後ろから上がってくる藤田とキムジンスという両サイドを使おうという意図が見られた。
ただ、前半は内容の割にシュートの数が増えなかったのは田中達也に当てた後のプレーで両サイドのアタッカーとブルーノ・ロペス、もう一度前に出てくる田中達也の狙っている場所が重なってしまっている場面も多く見られた。

■セレッソの攻撃の可能性
ボランチの位置に降りてくる山口
立ち上がりからセレッソがボールを運べない状況になっていたので早速5分ごろから山口が2列目からボランチのところに降りてくるプレーが見られるようになる。
ただこのプレーに関しても新潟は主に三門がほぼ2トップと同じぐらいの位置にまで出てくる事でカバーし、低い位置ではボールをもたせるものの、セレッソのボランチが前向きで自由にボールを持つ事はほとんどなく、山口と入れ変わるように前線に上がりSBと1対1の状況になっている酒本を走らせるプレーが単発で見られるのみだった。
新潟の守備の穴
ただ、新潟の守備も三門とレオシルバのところまでは素晴らしく組織だっていたのだけど、彼らが前に出た時のその後ろ、特に大井とキムクナンとで組んでいるCBの前や後ろはDFラインの高さが中途半端になってしまっている事もあって変にスペースが開いていたり、ちぐはぐになって閉まっている場面も時々みられたので、セレッソの左サイドで丸橋へのプレッシャーが遅れて前を向けた時には、そこに南野と柿谷が絡んでボールを運びチャンスをつくる場面がこれも単発ながらみられた。
しかし前半の途中からボールに絡めないエジノがボールを欲しがって下がってきてしまう様になって折角のスペースを潰してしまう様になってしまったんだけど…

■後半の流れ
HT〜
セレッソはハーフタイムに山口からブランコに交代。
山口のボランチのところに降りるプレーで上手くいってなかったので、時々スペースができていたCBの前でボールを受けれるブランコをという事か。
そして守備の方法も前半よりも前で選手を捕まえに行くようになる。

後半開始直後など、ブランコがそのCBの前のスペースを使って最後はシンプリシオがシュートまで行く場面などが見られる様になるが、そこにボールを送り込む為の形はボランチの問題が解決していないので単発でしかなく、試合展開は変わらずやはり新潟ペース。

そんな中、エジノへの縦パスをカットしてのカウンターから56分に新潟がこの試合最大のチャンスをつかむも、三門のクロスからの成岡のヘディングはクロスバーに、さらに詰めた田中達也のヘディングも枠外となり決め切れない。
先にも書いたけど、実は新潟はゲームは支配しているもののチャンスはセレッソのミスからという形がほとんどだった。
64分〜
セレッソは前線で全く起点になれず、かと言って守備で役だっていたわけでも無いエジノをここで見切り杉本を、新潟も田中達也に代えて岡本を投入。
図で柿谷と杉本を横並びの2トップでは無く縦にしたのは、この交代の辺りから柿谷が前線で裏の意識を強めており、オフサイドになってしまったりしていたけど相手のCBとの駆け引きを繰り返す様になっていたから。
杉本は柿谷より少し低い位置でボールを受けたり、そこからサイドのスペースに流れてボールを受けたりなどといったプレーを見せていた。
ここでセレッソも柿谷と杉本のワンツーからクロスをあげてブランコがシュートを放つもポストに当てて決め切れない。
80分〜
新潟は79分にSBへのプレッシャーが遅くなってきていた成岡に代えて菊地を投入
セレッソも80分に疲れからかミスが目立つようになってきた横山に代えて扇原を投入。
杉本が柿谷の後ろから左サイドに流れて起点になるプレーを見せていたのでそこをケアしたかったんだろう。また横山は、それまでCBの前で相手のロングボールを跳ね返し続け、ボールも回されていたので足も止まってきていた。

■スペースを見つけていた扇原
扇原がスペースを見つける
この交代で入った扇原はスグにフリーになれる場所を見つける事ができていた。
新潟の交代の影響も多分にあったかとは思うが、杉本が中央から左サイドに流れて丸橋が前に出て行くので丸橋の後ろ、いわゆるマルチネスがよく使っていたスペースが空いている。
レオシルバが何とかプレッシャーを掛けようとしてくるんだけど、毎回ここまで出てくることは難しく、かといってFWがずれてくる事も無かったので自分ががプレーできるだけのスペースと時間を見つけることができていた。

そして決勝点はこのスペースから。
丸橋の後ろのスペースでボールを受けた扇原が、裏へ抜ける柿谷へ。
後半に何度か仕掛けていたプロ8年目にして8番を背負った柿谷が88分に見事にキムクナンの裏を取り、GKの頭を越すループシュートを決めた。

その後新潟も藤田に代えて川又を投入し、ロスタイムにはクロスから決定機をつかむも岡本が空振りをしそのまま試合終了。
09年以来4年ぶり、J1では14年ぶりとなる開幕戦勝利をエースの劇的なゴールで手にした。

■その他
先ずボールを運べない。
ロングボールを蹴っても勝てないしセカンドボールも拾えない。
勝ったものの内容は酷かったですね。
ボランチが全く起点になれないし、最前線ではエジノがいるのかどうかもわからないほど。
またとにかくミスも多いし、修正しなきゃいけないポイントが多すぎました。
ホント勝っただけの試合なんでこのままだとかなりマズいです。

この1週間で何をどう変えるのか。
道のりはかなり長そうですが先ずはそこからです。

ちなみに柿谷のシュートは9本目のシュートでした(笑)

0 件のコメント :

コメントを投稿

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル