2013年7月30日火曜日

Jリーグ 第18節 vs アルビレックス新潟 プレビュー


2013年7月31日19時:東北電力ビッグスワンスタジアム
予想スタメン
東アジアカップウィークを経て再開されるJリーグ後半戦。
最初の相手は、開幕戦でほとんどの時間で押し込まれながら最後の最後に柿谷の一発で勝利したアルビレックス新潟と今回はアウェイでの対戦となる。

セレッソは、東アジアカップで日本代表に3人が招集されており、特に得点王の柿谷とMVPの山口はフル出場から中2日での試合となるが、過去の例をみてもこの3人はスターティングメンバーに入れてくると思われ、そうなると累積警告で出場停止の藤本の代わりはここ数試合素晴らしいプレーを見せている横山が入ると思われる。

一方の新潟は、こちらも東アジアカップに韓国代表として出場していたキムジンスがおり、月曜日はリカバリーのみだったとの報道なのでスターティングメンバーに入るかどうかは前日の状況次第だとは思われるが、もし外れた場合は内田が入るものと思われる。
また、7/17の湘南戦でケガで途中交代となったレオシルバは先週末の練習から既に復帰している。
あと7/29にリリースが出た新外国人ホージェル・ガウーショ選手はそのリリース自体が加入内定というお知らせで登録もされていないので今回は出場できません。

新潟は湘南戦で連敗を止め中断期間に入りましたが、この湘南戦の内容ははっきり言って良くありませんでした。
というのも、新潟は基本的に前線からプレスをかけてショートカウンターを狙うチームなんですが、この試合でその形を作ったのは対戦相手の湘南の方で、湘南が前半に数多くあったチャンスの1つでも決める事ができていれば全く違った結果になったでしょう。

さらに、この試合ではカウンターから川又が2ゴールを決めていますが、湘南がプレスに行かない時間帯では、その前の東京戦や、もっと言えば開幕戦で長居でやったときと同じ様に、ボールを持った時に前線だけでなく中盤の選手も含めて運動量豊富に動いているのである程度はボールを運べるものの、その後、アタッキングサードのスペースが限られているところではミスが出てシュートチャンスまでには至らないという状況が多く見られました。

そんな新潟に対する事になるセレッソ。今シーズンはボールを持ってもサッカーができるし、柿谷と南野のスピードを活かしたカウンターがあるのでボールを持たなくてもサッカーができるチームになっています。この差はかなり大きいです。

新潟にとって理想的な展開は、ショートカウンターで先制し、さらに前掛かりになった所をカウンターで狙うというものでしょうが、逆にいえばこれしかありません。
一方新潟よりもサッカーのバリエーションが多いセレッソは、ポジションチェンジでマッチアップをずらしてボールを持つ事も、自陣のブロックで相手を呼び込みスペースができたところをカウンターで狙う事もできる。

今回は監督とキャプテンが不在という状況ですが、まず不用意な失点をしない様にしっかりゲームに入る事、そして先制されたとしても焦らずにじっくり戦う事。普通の事ですがそれが出来れば十分勝つチャンスがある試合です。

相手のスタジアムがセレッソの名前で宣伝するほど注目を集めている中での一戦なので、さらにセレッソ大阪に注目が集まる様に、タイトルという目標の為に、再びケガをしてしまった吉野が安心して治療できる様に、ここでしっかり勝利し前半戦を終えて5位という順位をさらに上げる勢いをつけたい一戦です。

0 件のコメント :

コメントを投稿

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル