2013年8月30日金曜日

Jリーグ 第24節 vs 川崎フロンターレ プレビュー


2013年8月31日19時:大阪長居スタジアム
予想スタメン
アウェイ2連戦を2引き分けで終えホームで迎える現在8位の川崎フロンターレ戦。

セレッソのメンバーは、南野の負傷後ここ2試合スタメン出場だった楠神が仙台戦の前半は名古屋戦よりも良いプレーを見せていたものの勝ちきれなかったという事で、古巣対決となる今節はベンチスタートとなりそのポジションには枝村が入る可能性がある。

一方の川崎はケガ人がかなり多くなっているが、前節の大宮戦では充実した戦い方をみせていたので大きな変更は無いと思われる。というよりも中2日での連戦なので正直わかりません。

今シーズンの川崎といえば何といっても現在得点王で4試合連続ゴール中、セレッソサポーターにとっても特別な選手である大久保嘉人。
大宮戦や新潟戦でのゴールは正に圧巻で今ならどこから打っても入るんじゃないかと思われる程のゴールでした。
なので当然注意すべきは大久保であり中村憲剛であり森谷、登里などJ1トップの48ゴールを決めている前線の選手になってくるのですが、その反面失点も42とセレッソの22失点に比べて20点も多く、直近5試合では2勝2敗1分と結果は安定していない。
実際の試合を見てみると、1つめの守備でしっかりプレッシャーをかける事ができた時には問題ないのですが、そこを外されると全体的にずるずる下がってしまいスペースを空けてしまう場面も目につくし、混乱が始まると全体に下がってしまいカウンターも出来なくなる事もしばしばみられます。

今のセレッソはボランチとシンプリシオの関係で相手を外す事は十分できるはずです。
という事でここでセレッソが先制できるかどうか。
今のセレッソはカウンターの切れ味が鋭いので先制さえすれば勝利の確率はかなり高くなります。

前回対戦時には、ハマっていなかった前半に2点とってハマりはじめた後半に2点取られるというなんだかわからないゲームになりましたが、その時と比べると両チームともにしっかりとしたチームになっています。
川崎は繋いでくるチームなのでセレッソは前線からプレッシャーをかける頻度を増やす可能性もありますが、どちらにしても先に点が取れたら嘉人のスーパーゴールがあったとしても2点以上は取って勝てるんじゃないかな?と思ってるんですが。。

0 件のコメント :

コメントを投稿

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル