2013年3月28日木曜日

Jリーグ 第4節 vs ベガルタ仙台 プレビュー

2013年3月30日13時:大阪長居スタジアム
予想スタメン

手探り状態ながらもリーグ戦で開幕3連勝、ナビスコカップでもクルピ監督不在の中1勝1分けと好結果を残しているセレッソ。Aマッチウイーク明けの今節はホーム長居にベガルタ仙台を迎える。

ここまで全試合でスタメンを入れ替えているセレッソ。
しかしここまでの5試合でようやく固まってきており今後はFC東京戦の後半の形がベースになりそう。という事で今節のスタメンは右SBに新井場、左SBに丸橋、藤本が東京戦のケガで離脱中の為CBは茂庭と山下になると予想される。
ベンチ入りメンバーは、ナビスコカップでは小暮・秋山というルーキーコンビが入ったものの、別メニューだったブランコ・播戸が復帰し既にフルメニューをこなしているので若干の入れ替わりがありそう。

一方、3節でようやく今シーズン初勝利となった仙台は、ナビスコ期間でケガで離脱していた角田と富田のボランチコンビは部分的に練習に合流しているそうだが、今度は24日の練習試合で赤嶺が右のモモ裏の肉離れで離脱。ここから4/2と4/10のミッドウィークにACLが入り15日間で5連戦という厳しいスケジュールになるので、角田と富田もこの5連戦の緒戦からスタメン起用は避けるのでは無いかと思われる。
という事で鎌田をアンカーに入れた4-3-3、赤嶺の位置には武藤が入りそう。
ちなみに、この鎌田のアンカーはちょうど1年前、2012年3月31日に行われたキンチョウスタジアムでのセレッソ-仙台戦で83分にウィルソンに代えて鎌田を投入した所が初めてだったそうですが、この時は機能する前に播戸がゴールを決めたのでスグに4-2-3-1に変えている。

開幕から引き分けが多かった仙台。
その要因は間違いなくけが人の多さで、今週から復帰しているボランチコンビが2人共いなくなってしまった事で昨シーズンまで結果を残してきた4-4-2が使えず、当初オプションだと考えられていた4-3-3で戦わざるをえなかった事が大きかったと思われる。
というのも、4-3-3の場合だと守備の時に4-1-4-1になり前線中央の人数が減ってしまうので仙台が得意とする高い位置からの守備があまり上手くいっておらず、去年までと比べて全体のブロックも低くなってしまっていた。
しかしここにきて4-3-3を継続した事でそのやり方が上手く整理されてきたのか、前節の柏戦ではそれまでの様に一旦全体が下がる4-1-4-1だけでは無く、状況によっては中盤から前が時計回りにスライドして左WGの位置に入っていた赤嶺とCFのウィルソンの2トップ、中盤が左から梁・鎌田・松下・太田と並ぶ4-4-2の形で去年までの様な前線からハメに行く守備を見せる事もあり、ここまでの試合と比べて仙台の良さがより見られる試合になっていた。

一方ここまで4勝1分と結果が出ているセレッソ。
開幕当初よりはずいぶん内容も向上しており、なにより守備が安定している。
仙台が4-3-3で来るならセレッソの2トップが縦関係になる4-4-1-1の形で守備をする事になろうかと思われるが、鎌田はこれまで対戦したチームで同じアンカーに入っていた大分のロドリゴマンシャや名古屋のダニルソンに比べて展開力では劣るので4-4のブロックを後ろから動かされてしまう危険性はナビスコの2試合に比べると少ない。
なので、セットプレーにさえ注意できれば新井場の入った4-4のブロックで対応する事は十分可能だと思われる。
また攻撃面では、この試合でポイントになるであろう選手はやはり扇原。
柏戦では前からハメる守備が戻りつつある所を見せていたが、やはり昨シーズンまでと比べるとその完成度はまだまだで、今の扇原なら最終ラインに下りたり丸橋の後ろでフリーでボールを受けれる事ができるはず。そうなれば丸橋と南野の関係で左サイドを崩しや、一気に逆サイドに展開して山口や新井場が飛び出し、扇原から一気の縦パスで柿谷や南野が仙台の最終ラインを攻略するシーンを見られるはず。2011年の天皇杯の様に(結果は1-1からのPK戦だったが)ボランチの所で自由にできればセレッソのペースで試合が運べる。

09年以降のリーグ戦では前線からハメに来られる事でやりたい事をほとんどさせて貰えないという展開で1勝3敗5分と厳しい戦いを強いられている仙台相手に結果と内容で上回るのはいつか?森島先生に聞いてみましょう(笑)。

2013年3月25日月曜日

3/23 ヤマザキナビスコカップBグループ第2節 VS大分トリニータ @大分銀行ドーム

大分トリニータ10前半12セレッソ大阪
1後半1
延長前半
延長後半
PK戦
フォーメーション
大分トリニータセレッソ大阪
選手名番号位置シュートシュート位置番号選手名
丹野 研太21GK00GK21キム ジンヒョン
若狭 大志5DF00DF3茂庭 照幸
高木 和道18DF01DF14丸橋 祐介
安川 有23DF00DF23山下 達也
木島 悠24MF01DF33椋原 健太
木村 祐志7MF00MF2扇原 貴宏
ロドリゴ マンシャ30MF11MF6山口 螢
丸谷 拓也33MF12MF13南野 拓実
チェ ジョンハン10MF40MF18横山 知伸
林 丈統16FW24FW8柿谷 曜一朗
森島 康仁20FW32FW9エジノ
清水 圭介1GKGK1武田 洋平
土岐田 洸平6DFMF10楠神 順平
辻尾 真二19DF00MF16枝村 匠馬
キム ジョンヒョン22MFMF17酒本 憲幸
宮沢 正史32MFMF26秋山 大地
西 弘則8FW0MF29小暮 大器
高松 大樹13FW02FW20杉本 健勇
11シュート13
9GK7
5CK1
11直接FK9
5間接FK3
5オフサイド3
0PK0
大分トリニータセレッソ大阪
丸谷(64')得点南野(1')
山口(75')
木島→辻尾(55')
林→西(76')
ロドリゴ マンシャ→高松(78')
交代エジノ→杉本(76')
南野→枝村(82')
森島(88')警告椋原(57')
退場

今週は国際Aマッチウィークと言う事で引き続きナビスコカップの第2節、中2日での試合はアウェイでの大分トリニータ戦。
セレッソは前節の名古屋戦では引き分けでリーグ戦から続く連勝は止まったものの開幕4試合負けなし、大分は他の昇格組同様、引き分けはあるものの開幕から勝利が無い。

中2日、連続アウェイのカップ戦ということで、セレッソは新井場がメンバー外で右SBには椋原が入り、酒本がベンチ入り。またベンチメンバーからは黒木が外れ、前節の小暮に続きルーキーの秋山が初めてのベンチ入りとなっている。

一方の大分は前節の新潟戦でリーグ戦とは大きくメンバーを代えていたので、今回も新潟戦からは8名を入れ替えており、また今週加入したばかりのロドリゴマンシャがいきなりスタメンに入っている。

■マッチアップ
マッチアップ
最近3バックのチームが増えてきており大分もその1つ。セレッソは今シーズン初めて3バックのチームと戦うのでまずはマッチアップから書いてみます。
4バックのチームだと中盤と前線の構成によって噛み合っていない部分が出てくる事もありますが、あっても1ヶ所ぐらいです。しかし3バックのチームだとこうやってみれば噛み合っていない部分が結構ある事がわかります。
3バックはこうやってわざと噛み合わせをずらす部分、合わす部分を作る事で有利な状況を作ろうとしている訳です。

■ノープレス・ハイライン
大分の狙い?
大分としては全体的にブロックを高い位置に置き、中盤に入ったボールに対して激しく寄せて前向きにボールを奪いその勢いそのままに一気に攻めきるという狙いだったんでしょうか?とにかく最終ラインを上げてブロック全体を高くしてきました。
ボールの出どころがフリーなのにラインを上げる
しかし立ち上がりからその守備は全く機能しません。
機能しない理由は簡単で、大分はラインはあげているもののボールホルダーに対して全くプレッシャーをかける事が出来ていないから。
最終ラインに降りる扇原を全くのフリーにしてしまっていた。
ボールの出どころがフリーなら好きなタイミングで蹴り放題で最終ラインの裏を狙い放題。
という事で、扇原が裏へ飛び出した南野に向けてロングパス、高木が何とか追いつくものの対応をもたついてしまい南野が奪い返しそのままゴール。開始45秒でセレッソが先制する。
セレッソはこの1点しか取れなかったが、扇原や丸橋が後ろからフリーでぽっかり空いた裏のスペースへボールを蹴れるので立ち上がりの時間帯は何点入ってもおかしくないほどの状況だった。
ブロックを下げる
当たり前の事なんだけど、ボールホルダーにプレスがかからないなら守備ブロックを下げて後ろのスペースを消すしかない。そんな事すら出来てなかった立ち上がりの時間を過ぎて大分はやっと全体のブロックを下げる様になる。
そうなると大分は5バックになって5-3の形で守るようになるんだけど、5-3であれば最終ラインの前、セレッソのSBの所はフリーでボールを持つことが出来る。なのでまだセレッソがペースを握っていた。
やっと前線で追い始める
立ち上がりのサービスタイムの様な状況で無くなったのは前半も中盤を過ぎた頃から。
ようやく一番の問題点を把握できたのか、扇原や丸橋に対してFWが追えなければ中盤やサイドの選手が前に出てプレッシャーをかけるようになる。
ただこの段階では追い方がキッチリ整備されていた訳では無く、プレッシャーと後ろのスライドが連動するようになるのは後半になってからだった。

■マッチアップの齟齬
マッチアップの齟齬
大分が少しは守れるような状況になってきたことで、3バックでマッチアップを噛みあわせていない事のメリットが少しづつ出てくるようになる。
先ずセレッソの2トップに対して、大分が3バックになっているという事はそこで1枚余っている。さらに中盤は守備の時は3人並んだ様なポジションをとっているけど攻撃になると、ロドリゴマンシャが1人低い位置で丸谷と木村が前にでて三角形を形成するので、セレッソのボランチと丸谷と木村がマッチアップする様な形になる為にロドリゴマンシャは浮いてしまう。
セレッソは山口と南野の両サイドを中に絞り気味のポジションをとっていたけど、その後ろでは両サイドが上がって数的同数になっている。
ということで、大分がボールを持つ事が出来るようになると浮いているロドリゴマンシャから攻撃を組み立てられるようになる。
4-4-1-1になる
ということで名古屋戦と同じようにセレッソは4-4-1-1の形にしてロドリゴマンシャにエジノを当てる。

■大分守備の修正とセレッソの攻撃
修正された大分の前線からのプレス
前半立ち上がりは散々で、途中で何とかごまかしていた大分の守備が、ボールホルダーにプレスに行くために、ボールサイドから前に捕まえに行き、逆サイドはスライドする形に修正される。
セレッソ攻撃の組み立て
ということでセレッソは扇原が下がって丸橋が上がって、さらに前半は裏を狙ってた南野や山口がボランチの位置に下りてボールを受ける様になる。
そうなれば大分も何が何でも前からという事では無く、ボールの状況によって前から行くプレーをブロックを下げる形を使い分ける様になる。
WBの前のスペース
全体的にブロックが下がってくれるとセレッソは空いてWBのスペースを使える。
セレッソは左サイドの丸橋と扇原が攻撃の起点となり、さらに右サイドでも山口が絞ってスペースを空けて椋原を縦に走らせるプレーをよくやるので、このWBの前のスペースを使って後半も徐々にペースをつかみ出すのかと思っていたら・・・
64分にキムジンヒョンがクロスの対応ミスで丸谷が空いているゴールに決めて1-1。同点に追いつかれてしまう。

ただ、先ほどのWBの前のスペースを使ってセレッソはボールを繋ぐ事は出来ていた。
だけど、4-2-3-1の形で前から追おうとしても取りきれないので結局大分にもボールを運ばれてしまうという煮え切らない状況。なのでどっちに転んでもおかしく無い様な展開だったのだけど、75分、キムジンヒョンが丸橋に出したスローから始まる攻撃で、横山が柿谷にクサビを入れてそこからエジノ南野エジノとつなぎ、グラウンダーのクロスを山口が決めて1-2。セレッソが再びリードする。

■試合展開
78分〜
このゴールで試合が動き出す。セレッソはエジノに代えて杉本、一方の大分は林に代えて西、2分後にはロドリゴマンシャから高松に交代。
木村がボランチに入り、西はシャドー、高松は森島と2トップになる。
82分〜
そしてセレッソは82分には南野に代えて枝村投入。
しかしこの交代の前のプレーでチェ・ジョンハンが左足首を痛める。既に3人の交代枠を使い切っていたので交代メンバーを入れることも出来ない。
なので終盤には柿谷が完全にフリーという状況もシュートは枠外になってしまい、また杉本も決定的なものを1つ外して試合終了。
1-2とセレッソは開幕以来5試合負けなしとなった。

■その他
立ち上がりのサービスタイムでもう1点取れていたらもっと簡単に決まっていた試合でした。それぐらい立ち上がりの大分の守備は酷かったです。
セレッソとしては開幕戦から考えると徐々に内容は上向いてはいますが、どの試合でも相手チームをコチラの意思で動かす事は出来ていないので、まだやりたい事の半分も出来ていない感じでしょうか。
試合途中の修正も物足りないものでしたし(まあマテルに期待するのもって所はありますが)。

エジノについては、この試合の序盤では守備の時に4-4-2になっていたのでフォーメーションを4-4-2としましたが、途中ロドリゴマンシャを見る様になって4-4-1-1で守備をする様になってからは4-2-3-1のトップ下といってもいい形で、相変わらず2つめの守備が弱かったり、トップ下にしてはボールを引き出す動きが少なかったりするので「機能した!」とはとても言えませんが、ここまでの4試合と比べると良くはなってきてるかなと。
名古屋戦でも1本、東京戦でも1本ありましたが左に出たら何気に良いクロスを蹴れるんですよね。
まあそうは言っても、もっとちゃんとしたチームにはまだ確実に穴になるレベルです。
そういえば次の仙台はちゃんとしたサッカーをしてくるチームでした(笑)。

そういえば、名古屋戦は茂庭が先頭でしたが、この試合は山口螢が先頭で入ってきましたね。

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル