2014年2月28日金曜日

Jリーグ 第1節 vs サンフレッチェ広島 プレビュー


2014年3月1日14時00分:ヤンマースタジアム長居
予想スタメン
いよいよ2014シーズンJリーグ開幕戦。
このオフシーズンに最も注目を集めたクラブ セレッソ大阪は今シーズンからヤンマースタジアム長居と名前が変わるホームスタジアムに2012年2013年のチャンピオンチームサンフレッチェ広島を迎えます。
両チームともACLに出場しているので2/25にACLのグループリーグ初戦、さらに広島は昨シーズンのチャンピオンチームとして2/22にスーパーカップも行っていますが、やはりリーグの開幕戦は特別な感じがします。

セレッソのスタメンはACLのスタメンがベースになりそうですが、フォルランが主力組に入って調整しているとの情報がありますので杉本に代わっていよいよフォルランが長居のピッチに立ちそうです。

一方の広島は、柏、高萩、森崎、清水、柴崎と多数の負傷者を抱えている中、柴崎は練習には合流したもののベンチスタートが濃厚で、ACL北京戦でボランチに入った丸谷が引き続きボランチに、またミキッチもコンディションが悪いとの事でファンソッコが右WBに入りそうです。

チームとしての熟成度が高くここ2シーズンで最も強いチームである広島は、昨シーズンまでは自陣の低い位置でしっかり人数をかけて守る事がメインでしたが、今シーズントライしているのが前線からの守備。
これまでは両WBを下げて5-4-1で守っていましたが今シーズンは3-4-3の形のままでシャドーがSBにまでプレッシングをかけるシーンがスーパーカップでは見られていましたし、また宮崎のキャンプでも試合前に相手がどのポジションでボールを持てば誰がプレッシャーをかけに行くかをチェックしていました。

セレッソとしては再現したいのは昨シーズンの32節キンチョウスタジアムでの対戦。
ジリジリとしびれる様な試合でしたがセレッソは狙い通りの形で勝利し、チームのしての成長を感じさせる試合でした。
今回の開幕戦でセレッソが柿谷とフォルランの2トップで挑むならポイントになるのは青山をどうするか。
来週開催される日本代表の試合に柿谷、山口と共に選出された青山はJリーグを代表するボランチで、広島のサッカーにとって最も重要な選手の1人です。
4-1-5になった広島に対してそのままの4-4-2だとこの青山は浮いてしまう事になり、ここを自由にさせてしまうと広島の攻撃が躍動してしまうので柿谷かフォルランのどちらか1人はかならず青山を見る形にしないといけません。
ここを封じる事が出来れば、昨シーズンはJリーグで最も多く裏に抜ける形でゴールを決めた柿谷と、ミドル・ロングレンジからのシュートで世界的に有名なフォルランとの2トップで広島の固い守備を打ち破る事ができるはずです。

明日はおそらく初めてJリーグの試合を見る人も多数訪れる事かと思います。
そもそもサッカーをスタジアムで初めて見るという人も多いかもしれません。
小難しい事を書きましたが、はっきり言って広島は強いです。
だてに2連覇してるわけじゃありません。
広島のサッカーは例えるなら合気道みたいなサッカーで、こっちが不用意にしかけるとズバッとやり返されます。
なのでジリジリとした時間も続くと思いますが、セレッソの選手も広島の選手もどちらも仕掛けるタイミングを見計らっているので、どのタイミングで仕掛けて行くかに注目してください。
仕掛けていく時は一気にスピードアップするのできっと心躍るはずです。
初めて見る方、久しぶりに見る方はとにかく楽しみましょう!

0 件のコメント :

コメントを投稿

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル