2014年3月14日金曜日

Jリーグ 第3節 vs 清水エスパルス プレビュー


2014年3月15日15時00分:ヤンマースタジアム長居

ACLを含めると3試合連続でホームゲームとなる2戦目はリーグ3節の清水エスパルス戦。
リーグ戦の通算成績では15勝15敗6分と全くの五分ですが、ここ数年はホームでは勝ち、アウェイでは引き分けるといつの間にか相性が良くなっています。
予想スタメン
■セレッソ大阪
前節徳島戦で今シーズン初勝利をあげたセレッソでしたが、ミッドウィークのACLホーム山東戦で1-3厳しい敗戦を喫してしまいました。昨シーズン4位を勝ち取った戦力のほとんどを残し、さらに世界的ビッグネームのフォルランを獲得した事でリーグで最も注目を集めるチームになりましたが、現時点ではまだまだその魅力を発揮できているとはいえない状態です。
練習では扇原がサブ組に回り長谷川がボランチに入る布陣も試していた様ですが、どうやらスタメンは体調不良の影響もありACLでベンチスタートだった柿谷がフォルランとの2トップに入り杉本がベンチスタートになるだけの変更になりそうです。
もし扇原がベンチスタートになり長谷川がボランチに入る布陣だと長谷川の入っていた右SHには杉本が入るものと思われます。

■清水エスパルス
開幕戦では名古屋相手に打ち合いの試合を制し好スタートをきったと思われましたが、2節のマリノス戦ではスコアは0-1ながらも終盤の捨て身の攻撃以外はほとんど何もさせてもらえないという完敗に終わった清水。
マリノス戦は、開幕戦に引き続きノヴァコヴィッチがトップ下に入りその前に長沢を置くツインタワーを採用し、守備では4-4-1-1の形でプレッシングをかけようという意図はみられたものの、前線の1-1はマリノスのCBとボランチに簡単に外され、低い位置から長いボールでどんどん裏を狙われる事でその守備のプランは崩壊、ミス絡みで失点までしてしまいます。試合後のインタビューで樋口監督が「清水のDFラインはギャップが出来やすいので」と話していた通りそこを完全に狙われてしまいました。
また攻撃でもマリノスのプレッシングに完全に詰まってしまいチャンスらしいチャンスも終盤の捨て身の攻撃以外はほとんど作れず、開幕戦では可能性を感じたツインタワーもそれを活かすまでいかないという状況だったかと思います。
その試合を受け清水は少しメンバーを変更する模様で、ツインタワーは止めノヴァコヴィッチがCFでトップ下には開幕戦でボランチに入っていた竹内が入りそう。またそのマリノス戦ではボランチに入る杉山が退場してしまったので、ボランチには開幕戦ではCB・マリノス戦は左SBだったヨンアピンを回してCBはマリノス戦同様のヤコヴィッチと平岡のコンビ、両SBは石毛と河井が入ると思われます。
そしておそらく村田は途中出場になるのではないでしょうか。

■プレビュー
最初に書いたようにここ数年は相性が良く、特に右サイドに入る大前がマッチアップする丸橋に対して引っぱられてしまい攻撃で良さをほとんど出せない、またセレッソのSHがしっかり守備にもどる事で清水の持ち味であるサイドを使った攻撃が活きないという試合が多くなっています。
ただ、今のセレッソは監督がかわりチーム改造中。
ポポヴィッチが規律やパターンを持ち込んでいる途中でまだまだセレッソの良さが出し切れていない状態です。
ただ、どの試合でも少しずつですが可能性を感じさせるシーンも出ています。
後ろのポジションチェンジでプレスを回避しフォルランと柿谷の2トップがゴール前だけでなく組み立ての所から良い関係で絡む事がどれだけ長い時間できるかという事がポイントになってくるでしょう。
あとは縦に速い攻撃も徐々にでも良いのでそろそろ出してくれたらもっと可能性はあがるかなあと(笑)。

0 件のコメント :

コメントを投稿

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル