2014年3月28日金曜日

Jリーグ 第5節 vs アルビレックス新潟 プレビュー

2014年3月29日14時00分:キンチョウスタジアム

前節アウェイで鹿島に勝利したことで、リーグ戦3連勝、開幕戦3連勝で2位となったセレッソの今節は、今シーズン初開催となるホームキンチョウスタジアムに2勝1敗1分で6位のアルビレックス新潟を迎える。
予想スタメン
■今シーズンの新潟
昨シーズン後半を11勝4敗2分という好成績で終えた新潟。ベースになっていたのは4-4-2でのハイプレスで相手の自由を奪い縦に速く攻めるというサッカーでした。
それを踏まえた今シーズンはどうやらもう少しボールを持つサッカーを志向している様で、田中亜土夢と岡本がサイドから中央に入って4-2-2-2のような動きを見せ始めている。
ただ、このチームは何はともあれレオシルバ。
守備も攻撃も全部この人からで、守備のときは前にでて相手の簿ランチをつぶしに行く、攻撃のときもショートカウンターの時は別ですがそれ以外はCBが何かをするという訳でもなく何かするのはレオシルバ、なんだったら最後に前に出てくるシーンもあるぐらいレオシルバです。
ただこのボールを持つサッカーに関しては現時点では上手くいっているという段階にまではまだまだ達していないようで、田中亜土夢と岡本の両サイドが中央に入ってくるし、2トップも中央にとどまる、そこにレオシルバもでてくるので攻め込むときはSBがあがってくるものの中央で渋滞が起こってしまっているシーンも複数の試合で見られます。

また前節の鳥栖戦では前半のいい時間帯に先制し、後は去年効果をあげたソリッドな守備からのカウンターを狙えればという展開にもっていったものの、そこからは圧倒的に押し込まれ決定的なチャンスを何度も作られていました。
さらにそのやられ方も鳥栖のハイボール攻撃に高さで後手にまわってとかって形ではなく、簡単に守備ブロックの中にボールを入れられ動かされ崩されるというシーンも何度も見られました。

■プレビュー
今週はミッドウィークに試合が無く、また3連勝中ということでセレッソのメンバーは前節と同じメンバーになると思われます。
なのでセレッソの前線のユニットで新潟のCB周りをいかに攻略できるかがポイントになるでしょう。
2試合連続ゴール中のフォルラン自身のゴールももちろんですが、フォルランはバイタルエリアを消してしまう様なプレーはしないのでそこを柿谷・南野・杉本がそこを効果的に使うことができればセレッソに十分勝機はあります。そしてそこを3人が使えばさらにフォルランのチャンスも増えてくるでしょう。
柳下監督はボールを持てれば新潟にチャンスがあると踏んでいる様ですが、2列目がボールを運ぶカウンターもあるし、ベンチには扇原・楠神・ミッチニコルスもいるのでそう簡単にはいかないと思いますけどね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル