2014年9月25日木曜日

9/23 Jリーグ第25節 VS 名古屋グランパス @ ヤンマースタジアム長居

セレッソ大阪10前半22名古屋グランパス
1後半0
延長前半
延長後半
PK戦
スターティングメンバー
セレッソ大阪名古屋グランパス
選手名番号位置シュートシュート位置番号選手名
キム ジンヒョン21GK00GK1楢﨑 正剛
染谷 悠太3DF00DF19矢野 貴章
丸橋 祐介14DF01DF3牟田 雄祐
酒本 憲幸17DF00DF4田中 マルクス闘莉王
山下 達也23DF10DF15本多 勇喜
扇原 貴宏2MF21MF20矢田 旭
長谷川 アーリアジャスール5MF02MF13磯村 亮太
南野 拓実13MF03MF28田口 泰士
キム ソンジュン25MF10MF33レアンドロ ドミンゲス
永井 龍9FW02FW32川又 堅碁
杉本 健勇20FW10FW18永井 謙佑
武田 博行1GKGK50高木 義成
新井場 徹7DF0MF5ヘジス
楠神 順平11MF10MF7中村 直志
平野 甲斐18MFMF10小川 佳純
秋山 大地26MFFW11玉田 圭司
フォルラン10FW10FW17松田 力
カカウ33FW1FW27杉森 考起
8シュート9
10GK11
6CK5
8直接FK19
1間接FK4
1オフサイド4
0PK0
セレッソ大阪名古屋グランパス
カカウ(67')得点川又(19')
オウンゴール(45')
永井→カカウ(HT46')
キム ソンジュン→楠神(67')
長谷川→フォルラン(82')
交代磯村→中村(77')
川又→松田(89')
レアンドロ ドミンゲス→ヘジス(90'+5)
扇原(39')警告中村(90')
退場

同日の試合で残留争い圏内のチームがことごとく敗れた中で迎えた19時キックオフのホームでの名古屋グランパス戦。
なのでこの試合に勝てば降格圏から順位を大きくジャンプアップできるチャンスのある試合となっていました。

セレッソのメンバーですが、前節の内容でFWの入れかえも考えられましたが大熊監督が選んだのは引き続き永井と杉本の2トップ。
扇原が出場停止から戻っており、その分長谷川が左サイド、楠神がベンチスタートとなっています。

一方の名古屋ですが、スタメンは前節と全く同じ。ケネディが腰痛の為ベンチから外れ、その代わりに杉森がベンチ入りとなっています。

■プレッシング対決
マッチアップ
セレッソの4-4-2に対して名古屋は4-2-3-1。ですが、守備の時はトップ下のレアンドロ・ドミンゲスが1トップの川又と横並びになる4-4-2になる。そして行ってくるのは前線からのプレッシング。柏時代の最後の方は守備をしてるふりすらしない事もあったレアンドロ・ドミンゲスも頑張っていました。
そしてセレッソがやりたい事も前線からのプレッシング。その為の杉本と永井の2トップだったんですが、プレスにあった時にも何とか外そうとするセレッソに対して名古屋はアバウトにでもボールを蹴ってくるのでなかなかハマりませんでした。

セレッソのプレスがなかなかハマらず、名古屋の攻撃はアバウトに蹴ってくる事が多いのでどちらもあまりいい形を作れないという感じで立ち上がりは進んで行くのですがゲームが動いたのは19分、名古屋の右サイドからのスローインを丸橋が跳ね返すとそのボールが田口の足元へ。そして田口から大きなスペースを持って名古屋の左サイドにはってる永井に展開すると、永井はスピードで酒本を縦に外しクロス。そのボールを、この永井の一連の動きのあいだに一旦ファーに膨らんで染谷の背後に回りこみそこから一気に染谷の外側を回ってニアに入り込む動きを見せた川又が頭で合わせて先制ゴールを決めます。
今年の前半新潟ではチームとしてボールを持つ時間が多くちょっと窮屈そうにプレーしていた印象でしたが、やっぱりスペースがあってここぞというタイミングがハッキリしていれば動き出しの質・スピードは流石で、プルアウェイからニアに飛び込むという実に川又らしい、これぞストライカーという素晴らしいゴールでした。

■ボールを持たされる展開に
この先制点で名古屋はハイプレスを少し控え、自陣でブロックを作る形にしてきます。
前節のガンバ戦同様の今のセレッソにとっては厳しい展開です。
セレッソ ボール保持時の動き
セレッソの攻撃の形としては、南野と長谷川の両SHが中央に入ってSBをひっぱる事でできたサイドのスペースに永井が流れてSBがオーバーラップしてくるという形。
名古屋の中央を崩す為には闘莉王を何とか引き出したいので永井が積極的にサイドにながれるんですが、サイドでボールを受けた時もその後の判断が悪く時間をかけられてその間に名古屋守備陣の人数が揃ってしまったり、1人でつっかけては奪われるというシーンが目立ちました。
闘莉王はスピード面、特にアジリティに不安があるので例えば南野と1対1になったりすると外されてしまう事もあるんですが、コースの切り方や読み、判断力はさすがで、例えば永井や杉本の様に次のプレーに時間がかかってしまえばキッチリ対応してボールを奪ってしまう。またCBでコンビを組んでいる牟田が時々危なっかしい事もあるんですがそこもきっちりカバーするという流石のプレーぶりでした。

またセレッソの攻撃で気になったのは後の人数のかけ方。
名古屋は立ち上がりに比べると自陣にブロックを落としたとはいえ、セレッソの選手のボールの受け方が悪いと中盤の選手がプレスをかけてきます。
それがあるのでセレッソはCB2枚に加えてボランチが下がってきて後でボールを落ち着けようとするのですが、この時にボランチの2枚ともが最終ライン近くにポジションをとってしまう事が多々見られました。
相手は基本前線の2人なのにここで4枚人数をかけてしまうと当然ながら前の人数が足りなくなる。なので名古屋の4-4の間で南野が浮いている事も多かったんですがそこになかなかボールが入れる事ができていませんでした。

一方名古屋の攻撃はカウンターがメイン。
ただ、そうなると常人離れしたスピードをもつ名古屋の永井を活かすかと思われますが、こっちの永井はスピードは抜群ですが動き出しの質が低く裏へ抜け出そうとする動き出しは全くないので、やっぱりアバウトにボールを蹴ってくる形が多く、形になりそうなのはそのボールがレアンドロ・ドミンゲスに入った時ぐらいでした。

そんなどちらもパッとしない展開の中でしたが45分、楢崎のGKから川又が頭でフリックしたボールがレアンドロ・ドミンゲスの前に。酒本がカバーするも最初のポジショニングがおかしくなんとか足には当てたもののそのボールがゴールネットを揺らしてオウンゴール。名古屋が0-2とリードを広げ前半が終了します。

■崩壊寸前からカカウ
後半開始〜
セレッソはハーフタイムに永井に代えてカカウを投入。
永井は積極的なんですが、プレービジョンの悪さで闘莉王に完全にあしらわれている状態だったので仕方ないところでしょうか。

しかし後半開始直後は再びプレッシングに来た名古屋に苦労しペースを握られる。
カカウが中盤でボールを受けることでなんとか打開しようとするも上手く行かず、どんどんリズムが悪くなっていきます。
名古屋の攻めが雑だったのでかなり助けられていた部分もありますが、時間の経過と共に守備のバランスが崩れていきバラバラと間延びしてしまっており22節ホーム神戸戦のシンプリシオに同点ゴールを決められる前と同じような状態になっていました。

それを食い止めたのがカカウ。
扇原からの縦パスを受けたカカウが前を向いて仕掛けると相手DFの股を抜きニアを撃ちぬくゴール。
流石元ドイツ代表でブンデスリーガで88得点を決めた選手という素晴らしいゴールでした。
67分〜
セレッソは67分にキムソンジュンに代えて楠神を投入。
これはカカウのゴールの前から準備していた交代で、ボールを運ぶのに苦労していたからという事でしょう。
77分〜
カカウのゴールでセレッソは完全に息を吹き返します。ただ何度か名古屋ゴールに迫るも決められない。
しかしどんどん圧力をかけて来るので77分名古屋は磯村に代えて中村を投入。
名古屋とすれば少しでも中盤を取り戻したいという事なのでしょう。
82分〜
82分にセレッソは長谷川に代えてフォルランを投入。ボランチを1枚にして攻勢をかける。
積極的にどんどん圧力をかけて攻撃しチャンスを作るも、CKからの山下のヘディングがクロスバー直撃などきめきれない。
最終
名古屋は89分に川又に代えて松田、レアンドロ・ドミンゲスに代えてヘジスを投入し逃げ切りに成功。
1-2で名古屋が勝利、セレッソは連敗となりました。

■その他

前節のダービー同様、先制点を奪われボールを持たされるとかなり厳しくなってしまいました。本文でも書きましたが、献身的に精力的にそして積極的に動くんですが何をする為にそのプレーを選択したのかというのが曖昧なんですよね。
例えばサイドに流れてボールを受け闘莉王を引っぱりだした所でポイントを作りドリブルで仕掛けるプレー。もちろんゴールを狙ってのプレーなんでしょうけど、1対1を仕掛ける為に足下でボールを受けて止まる。しかしそこでボールを止めちゃうとその間に相手の選手はどんどん戻ってきてしまいます。
例えばその止めるのは中に入ってくる選手を待つ為に、そこにクロスを合わせる為に止まるんならわかるんですが、そういう狙いも特になくクロスを上げるのも詰まってから。
ドリブルで2人ぐらいガンガン抜けるなら問題無いんですが、そこまでのプレーが出来る訳でもない。なのでそこで完全に詰まっちゃうんですよね。
以前にも書いた、味方がボールを持った時に入り過ぎてしまう事とも一緒で次にどこでどういうプレーをするのかというビジョンが明確じゃないのかもしれません。

特にこの試合ではカカウがスーパーゴールを決め、フォルランも短い時間ながら可能性のあるシュートを放ったりしていたので前節も書いたクオリティの差を感じさせる事となってしまいました。
あれだけ献身的にプレーできるんだったらこを考えながらプレー出来る様になれば一皮むけると思うんですけどね・・・

あと後半のカカウのゴール。
この試合は負けてしまいましたが、あのゴールは本当に大きかったと思います。
スタジアムもあのゴールで一気にテンションがあがりましたが、それ以上にあのゴールでピッチ上の選手が大きく変わりました。
あのゴールの直前は守備組織の横幅もかなり広がってカバーリングもできていない、まさに神戸戦でシンプリシオに決められてしまう直前のあきらかにおかしい状態になってしまっていましたから。
あのゴールが無かったらそれこそ崩壊していた可能性もあったんじゃないかと思わせるぐらい・・・
この試合で降格圏を脱するチャンスは逃してしまいましたが、14位の仙台、15位の清水との勝ち点2差は変わっていないのでまだまだこれからです。

0 件のコメント :

コメントを投稿

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル