2015年5月26日火曜日

5/26 練習試合 vs アミティエSC の雑感

5月26日(火) 11:00キックオフ※45分×2本
セレッソ大阪 1-3 アミティエSC
スターティングメンバー

■メンバー 
■セレッソ大阪
GK:27 丹野
DF:28 温井、37 池田、25 高嶋※、36 中土井※
MF:34 阪本、38 西本、9 原※
FW:15 吉野、29 前川、35 沖野
※セレッソ大阪U-18所属選手

■アミティエSC
不明
図の番号はこの練習試合でつけていた背番号です

■得点 (セレッソのみ)
西本(68')

■交代
27 丹野→1 武田(46'HT)
15 吉野→30 林部※(46'HT)
29 前川→26 印藤※(46'HT)
36 中土井※→24 坪井※(65')
※セレッソ大阪U-18所属選手



今シーズン6試合目の練習試合で対戦相手はアミティエSC。
アミティエSCのテクニカルアドバイザーをされてる北九州監督の柱谷幸一氏も来られていました。北九州は昨日練習試合をして今日がOFFなんですね。テクニカルアドバイザーとしてなのか、それとも誰か借りようとしているのか、もしかすると幸一に見えて実は弟の哲二で来月の対戦のスカウティングの為という可能性もあるか。。
メンバー的にはバンコクグラス戦こそ茂庭、酒本、楠神、玉田を起用しましたが、最近の練習試合はGK+新人+U-18というパターンが多くなっているのでそれに則った形。そんな中ただ1人出場した吉野ですが、彼は2年休んで少し出て、また半年以上休んでやっと1試合という状態なのでゲーム感覚を取り戻したいという思いがあるのかもしれませんね。

■前半
4-2-3-1のアミティエ。
アミティエは守備の時はトップ下の8番が前にでて4-4-2。攻撃の時も8番は割りと前に出て行く。10と20のボランチは20が守備的で10が攻撃的という組み合わせの様子。
SBは比較的前に行きたがる。
アミティエは最初高い位置からの守備をしようとしていたけど、セレッソのアンカー9番が上手く捕まえられないので9番を間に挟んでボールの動きに合わせて2トップをスライドさせ、CBから出たボールに対してプレッシャーをかけに行こうという形に変更する。
9番の原くんはボールの引き出し方が上手い。
ただ、セレッソも相手に待たれるとSBやボランチからいい形で展開できる事が少ない。
SBから縦のボールでトップを走らせるだけの形が増えていく。
吉野の自由な動きから変化をつけようとするも、前線の選手がなかなかゴール方向へファーストタッチができる形になっていないのでなかなかチャンスにはなりません。
アミティエも裏を狙う形や中盤で引っ掛けてショートカウンターを狙ったりするものの、ゴール前の場面はそんなに作れない。
池田はこのクラスの相手なら強さ・速さ・高さは全く負けない。ただ時々ボールウォッチャーになってギャップを作ってしまったり相手を離してしまったりするぐらい。ミスから学んでいってくれれば(笑)。

前半は0-0で終了。
アミティエがスタート位置を調整し待ち構える守備になってからは、なかなかいい形でボールを運べなくなっていました。
セレッソのCB+アンカーの3人対相手2トップで、数的有利を作ってるのにそれを前に送っていく形ができてないってところですね。CBがフリーになっても怖いから早めにボールを離してしまうし、インサイドハーフのポジショニングも中途半端になってしまっているから出しにくいのもありそう。あと、温井はもう少し前にボールを置きたい。

アミティエは前半に14番に代えて27番を投入。27番は右SH、11番は左に移動しました。
もしかしたら他にもメンバー交代があったかもしれませんが、この試合は沢山の選手を使っていこうという考え方の様です。

お互いチャンスもピンチもミス絡みって感じ。

■後半
後半開始〜
セレッソは吉野・前川・丹野が下がり、林部※・印藤※・武田を投入。
多分あってると思いますけど、林部と印藤が逆ならごめんなさい。
アミティエはかなりメンバーが代わり17と22の2トップっぽくなりました。
ただ17が裏で22がその手前という関係性です。また前半のFW7とトップ下8よりもこの17と22の方がサイズがありました。
後半もアミティエの守備は同じやり方。
インサイドハーフの2人が中でボールを受ける回数が増えてきたけど、そこから先が・・・。
アミティエは左サイド、セレッソの右サイド高嶋くん、中土井くんサイドからの攻撃が増えてくる。単純なミス絡みのピンチも増えるけど武田が守る。
暑くて高嶋くん、中土井くんがちょっとキツそう。
65分〜
65分に中土井くんから坪井くんに交代。
入ってくる時に武田が「あれ誰?」って名前を聞く(笑)。
せっかく教えてもらっても最後まで一回も呼ばなかったけど(笑)。

直後に高嶋くんがこぼれ球でルーズな対応になってしまって失点。0-1。

直後の68分に西本のドリブルからのミドルシュートが決まって1-1同点。
中央のパスで相手ボランチを上手く外す事ができたので、自分が前向きにボールを持ってその前に相手DFと味方FWがいるという状況を作る事ができた。その前に一回失敗してるけど。

直後に失点。1-2。
池田がルーズボールに先に触ってクリアしたけど、そのキックしたボールが相手の22番にあたってきれいにサイドネットに入る。

セレッソが相手ゴール前に迫る回数が増えてくる。
CKから池田の折り返し、西本のボレーは正面。
坪井くんから縦に出して沖野がファーへクロス、そこに大外から林部くんがボレーで合わせるもGK正面。
このどっちかは最低でもものにしたかった。
ただこの沖野のクロスの分は、西本のゴールがSBからインサイドハーフ経由で中だったのに合わせて、今度はSBから縦で上手くチャンスをつくる事ができていい形。

試合終了間際、ペナ外スグでの高嶋くんのパスが相手FW17番に取られ、そこからフリーの22番に決められて失点。武田もノーチャンス。1-3で試合終了。
高嶋くんが残念ながら失点2つに絡んでしまったけど、暑い中でヘロヘロになりながらも頑張ってたと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル