2012年7月9日月曜日

7/7 Jリーグ第17節 VS横浜F・マリノス @ニッパツ三ツ沢球技場


横浜F・マリノス
11前半01
セレッソ大阪
0後半1
延長前半
延長後半
PK戦

フォーメーション
横浜F・マリノスセレッソ大阪
選手名番号位置シュートシュート位置番号選手名
飯倉 大樹21GK00GK21キム ジンヒョン
小林 祐三13DF10DF3茂庭 照幸
栗原 勇蔵4DF00DF4藤本 康太
中澤 佑二22DF12DF14丸橋 祐介
ドゥトラ5DF00DF17酒本 憲幸
富澤 清太郎27MF10MF2扇原 貴宏
中町 公祐8MF00MF6山口 螢
兵藤 慎剛7MF11MF10ブランキーニョ
齋藤 学11MF35MF13柿谷 曜一朗
小野 裕二10FW31FW9ケンペス
マルキーニョス18FW00FW11播戸 竜二
六反 勇治30GKGK1松井 謙弥
比嘉 祐介16DF0MF18横山 知伸
金井 貢史24DF0MF20高橋 大輔
狩野 健太14MFMF25黒木 聖仁
森谷 賢太郎19MF0MF26村田 和哉
谷口 博之29MF2MF28井上 翔太
大黒 将志9FW00FW19永井 龍
12シュート9
6GK8
8CK6
19直接FK14
2間接FK1
2オフサイド1
0PK0


横浜F・マリノスセレッソ大阪
富澤(31')得点柿谷(80')
マルキーニョス→谷口(46'HT)
ドゥトラ→金井(61')
中町→大黒(71')
交代茂庭→横山(21')
播戸→永井(65')
扇原→村田(74')
小林(87')警告扇原(28')
酒本(88')
退場

激しく雨が降るニッパツ三ツ沢球技場で12位横浜Fマリノスと15位セレッソ大阪の対戦。
マリノスは中村俊輔、小椋が不在なので前節に引き続き中町、富澤のボランチで2列目は兵藤、斉藤が入る。
今シーズンのマリノスは相変わらず失点も少ないが得点も少なく、ここまでなんと8試合が引き分けで、うち5試合が0-0という状況。
一方、6月のリーグ戦では1分2敗と勝利が無かったセレッソはボランチのオリンピックコンビはこの試合を含めて後2試合は残るものの、清武がドイツに移籍、キム・ボギョンは韓国オリンピック代表に合流とここまで引っ張ってきた2列目の2人がいなくなり、FWで出場していた柿谷とブランキーニョが2列目に入り2トップはケンペスと播戸の組み合わせ。
また左SBには前節に引き続き丸橋が入るが、高橋、黒木がベンチに戻ってきた。

■マッチアップとマリノスの守備
マッチアップ
フォーメーション図上は同じように見える両チームだけど、中盤の形がマリノスはほぼフラット、セレッソはボックス型とコンセプトが違う。
マリノスの守備の方法は、最初は全体のラインを押し上げてまずトップと中盤の6人で高い位置からプレッシングをかけ、柿谷とブランキーニョの2列目には両SBが絞って対応する。
マリノスの守備ブロック
そしてそのプレスをかわされボールを落ち着けられると、4-4-1-1の形になり小野をボランチに当てて中盤以降は4-4のラインでブロックを作って守るという方法をとっている。

■セレッソの攻撃
セレッソの攻撃
立ち上がりのマリノスはそれほど無理をせずに早めにブロックを作るので、中央に絞る2列目が空けたスペースに丸橋が上がる事ができる。
時間の経過と共に雨が激しくなっていく中、序盤はマリノスのショートカウンター、セレッソは丸橋のクロスからお互い何度かチャンスを作り始める。

そんな中茂庭がケガ21分に横山と交代。
このあたりから試合が動き始める。

■マリノスの変化
マリノスの変化
この茂庭の交代のあたりからマリノスは小野を右サイドに張らせるようになる。
丸橋のオーバーラップがちょっと厄介だったので、逆に丸橋の後ろのスペースを狙っていこうということらしい。
また守備の時は基本の4-4-2にはなるんだけど、ボールを持つと逆サイドの左サイドの斉藤も高い位置に出てきた4-3-3のような形を見せることもあった。

そしてその丸橋の裏のスペースを使った攻撃から得たCKから富澤が決めてマリノスが先制。
今シーズンはCKからの失点が少ないんだけど、中澤のヘディングがマルキーニョスにあたりそのこぼれ球をキム・ジンヒョンが掻きだすもののそれが富澤に渡ってしまった。

■マリノスペース
マリノスのプレス
ここからはマリノスが完全にゲームを支配し始める。
セレッソのCBはほぼ組み立てには参加しない。なのでマリノスの狙いどころはセレッソのボランチにボールが入った瞬間にボランチとFWで挟み込む。
これが面白い様にハマる。
セレッソも4-4にして対抗する
マリノスはここでボールを奪うと小野と斉藤でSBの裏を狙い、そこにSBもオーバラップしてくる。
なのでセレッソも中盤の守備の形をボックス型から4-4のラインにするが、何とかボールを奪ったとしても全くボールを運ぶ事ができず何度も決定的な形をつくられてしまう。

■試合展開
ハーフタイム
マリノスはHTにマルキーニョスを下げて谷口を投入。マルキーニョスはケガとの事。
入ってそうそうにビッグチャンスを外してしまうもセレッソにはほぼ変化がないのでマリノスペースのまま試合は進む。
61分〜
さらに61分にはドゥトラに代えて金井を投入。ドゥトラも故障の様子。
65分〜
65分にセレッソがようやく動き、播戸に代えて永井を投入。
そもそもボールが運べないから、ケンペスの様にロングボールで勝負できない播戸の良さをほぼ出すことが出来ていなかったからなんだろうけど、問題は前じゃないから状況は変えられない。
71分〜
71分には押し込みながらも追加点を奪うことが出来ないマリノスが動く。
中町に代えて大黒を投入し、さらにサイドから狙うべく兵藤をボランチ、谷口がトップ下、小野が右サイドの4-2-3-1の形にする。
74分〜
そして74分にセレッソが狙われ続けた扇原に代えて村田を投入。柿谷をトップ下にした中盤をダイヤモンド型に変える。
セレッソダイヤモンド型の中盤
この変更でマリノスの守備が若干緩む。
多分ソアレスの狙いは、好調の柿谷をゴールの近くに置くことと、村田にサイドから突破して欲しいという事だけのリスク覚悟の布陣だったと思う。
しかし中盤をダイヤモンドにすることでマリノスボランチの相手が柿谷、ブランキーニョ、村田の3人になり、さらにSBが見るべき相手を目の前から失った事で中盤の選手がボールを受けやすくなった。
そしてまだマリノスがその対応を定めきれていない80分に柿谷のスーパーゴールが生まれる。このゴールは日本を代表するマリノスのCBコンビに何もさせない、アイデアと技術に溢れた、文字通りのスーパーゴールだった。
このスーパーゴールでセレッソが一気に勢いづき残りの10分+ロスタイムはセレッソのペース。がしかしこのまま1-1で試合終了となった。

■その他
この日のセレッソは全くボールを運ぶ事ができなかった。
けど、それってある意味当然です。
今シーズンも含めてここ数シーズンセレッソはCBに対人守備のスペシャリストを置いています。そして何度も書いている様に組み立てにはほとんど参加しません。

ですが、去年までのセレッソはその分、マルチネスが相手がプレッシャーをかけにくい丸橋の後ろのポジションに潜り込みビルドアップの起点となり、両SBが同時に上がり、さらにはシャドーが下りてボール運びを助ける事で攻撃を組み立てていました。
両SBが上がっても破綻しない様にCBの対人のスペシャリストを置く必要があったし、またCBも組み立てに参加しなくてもこの形のおかげて組み立てが成立していた。

しかし、今シーズンのセレッソはCBは代わっていない(上本から藤本に代わっているが特徴、役割はかわっていない)のに、ボランチは去年までのマルチネスのようにCBの前のポジションからは動かせず、両SBも同時に上がらない。
そしてこの試合からは何とかボール運びを助けていた清武もいなくなった。

こう整理するとボールを運ぶ為のロジックを次々と消していってるんですよね。

なのでこれを扇原や山口が出来てないとするならちょっとかわいそうです。
相手はCBを捨てれるんだから、彼らは2トップを外す所からはじめなきゃいけないし、外せたとしても相手の中盤が待ってる。そんな4対2に様な状況で、それを助ける仕組みがある訳でもないし、助けてくれる選手もいないんだし。

ここまでの試合の中で、何度かその仕組みが出来そうな気配があった時間帯もあるけど、それを継続的に、意図した形でこのシーズン折り返しまでに形に出来なかった(出来る気配も無い)という事は、どんな形であれボールを運ぶ仕組みが出来上がる事は無いのでしょう。

って事でここまでである程度成果の見えた、4-4-2(4-4-1-1)でブロックを作り、相手の両サイドに素早く攻め込むトランジションサッカーをもっと徹底してやっていきましょう。
多分それが一番得意なんだと思うので。

僕は柿谷のプレーを楽しみにします(笑)。

2 件のコメント :

  1. いつも解説ありがとうございます。

    のんちゃんのパパです。

    ん~、マリノス戦はかなり暗くなる内容でした。

    攻撃の組み立てを清武に頼りきっていた事が、いなくなって痛感した試合でした。

    ボランチにボールを入れても、そこから何も生まれない。

    ボランチをフォローするために、誰が助けることもなく、そりゃあ、前に蹴るしか出来ないですよね。

    繋ぐための人が来ないんですから。

    『8番が結果出せていない』って叩かれていましたが、組み立てに気を回し、守備でも自陣深くまでカバー。本当に清武は良くやってくれていたのかも知れません。

    あと、柿谷のえぐい個人技がなければ、順当に負けていた試合だったと思いました。

    あんな凄いプレーなんてそうそうできるもんじゃないので、これからの苦戦は覚悟をサポーターはしておかなければ、いけませんね(涙)

    返信削除
    返信
    1. いつもありがとうございます。
      マリノス戦はかなり厳しいゲームでした。

      清武とキムボギョンに代わって入った柿谷とブランキーニョはどちらもボールを運ぶタイプじゃないですからね。確かに決められなかったシーンもいくつかありましたが、今シーズンの清武はよくやっていたと思いますよ。

      今シーズンの残り半分は、ブロックを作ってカウンターで一喜一憂って感じになりそうですね(笑)

      削除

新着記事

テーマ別

人気の投稿

セレッソ大阪公式Twitter

Jリーグ - Number Web

Goal.com News - Jリーグ

SOCCER KING - スポーツ - Yahoo!ニュース

楽天

楽天トラベル